コーヒー抽出|エクラシャルムでニキビ治る

今日はアイスコーヒーにキレを出したいと思い抽出温度をいつもより高くして淹れました。
すると、思いもよらず酸味を感じてしまいました。
酸味の質としては、収斂性のある酸味。分かりやすくいうと焼きいもの皮の焦げた部分のような酸味です。

 

それで、気になって少し調べてみたところ、深煎り焙煎のコーヒーが酸っぱく感じる理由は、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸が、焙煎されるとキナ酸に変化しこれが酸味として感じられるようです。焼いもの皮が焦げた部分も、これと同じ理由で酸っぱく感じられるとのこと。

 

以前に、やはり深煎りの豆を抽出した時にも同じような酸味を感じたのですが、この時は温度を下げて抽出すると、この不快な酸味は抑えられて美味しく飲めたことがあります。

 

このことから、キナ酸の成分は温度が高いとより多く溶け出し、低いと溶け出す量を抑えられるのかもしれません。

 

 

抽出メモ:
中細挽き 90℃ メリタ 30g 240ml 氷170g